蚊よけ効果が実験で確認!虫よけアロマスプレーの作り方 | イロイロモノコト

蚊よけ効果が実験で確認!虫よけアロマスプレーの作り方

Share

アロマの蚊よけ効果公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)は、実験によって蚊の忌避作用がある精油を確認しました。

これまでもレモングラスやシトロネラは、蚊よけとして、蚊帳に編みこまれたり、キャンドルやスプレーなどに活用されてきた精油ですが、今回、実験によって確認されました。

実験では、蚊に対する忌避作用があるかを確認するために、いくつかの濃度で実験されてます。

まず実験概要と実験結果をご紹介した後、虫よけの働きがある精油を利用したスプレーの作り方などをご紹介しますね!

実験概要

POINT
レモングラス精油とシトロネラ精油を10%以上の濃度で皮膚に塗布。
5分後の忌避作用を計測。
90%以上の忌避作用があることが実験結果として確認できた。

対象:30代~70代の男性3名
精油:レモングラス精油、シトロネラ精油
測定方法:各精油を無水エタノールに希釈して、1%、10%、20%の溶液を作り、被験者の前腕 (72㎠)に塗布(0.12ml)。塗布した部分に蚊(ヒトスジシマ蚊)を放した円筒のガラスリング(直径4cm、高さ12.5cm)を当て、5分後の蚊の吸血率を測定。
評価項目:無水エタノールのみ(精油無添加)を同量で塗布した場合の吸血率と比較し、蚊の忌避率(%)を求めた。

実験結果

レモングラス精油とシトロネラ精油ともに10%以上の濃度で皮膚に付けた場合に、蚊の忌避作用があることが確認できました。

<5分後の蚊の忌避率*(%)> *忌避率=(1-精油塗布時の吸血率/無水エタノールのみの吸血率)×100

濃度1% 濃度10% 濃度20%
レモングラス精油 40 100 100
シトロネラ精油 0 100 100

※蚊の忌避率は、無水エタノールのみを塗布した場合と比較して、どれだけの忌避作用があったかを示しています。
30分後の忌避率は、レモングラス精油で24.4%~95.5%シトロネラ精油で12%~58%でした。
※AEAJでは、肌に直接塗布する場合の濃度を1%以下で推奨しています。レモングラス精油やシトロネラ精油を高濃度で皮膚に付けると刺激となる場合があるため、使用量や濃度に気を付けましょう。

出典:公益社団法人 日本アロマ環境協会

実験で蚊に対する忌避作用が確認された精油

レモングラス

科名 イネ科
採油方法 全草の水蒸気蒸留法
揮発度 トップ~ミドル
香りの強さ
香りの特徴 柑橘系
レモンに似た爽やかでフレッシュな香り。温かみと甘さがある。
働き 蚊よけ以外にも、ノミよけ、消臭にも使うことができる。

シトロネラ

科名 イネ科
採油方法 全草の水蒸気蒸留法
揮発度 トップ
香りの強さ 中~強
香りの特徴 柑橘系
レモンのような爽やかな香り。軽い甘さがある。
働き 古来虫よけに使われ、肌の臭いを抑える働きがあるためデオドラント化粧品によく使用されている。

虫よけ効果のある精油

今回の実験以外で、虫よけ効果があると言われる精油をご紹介しましょう。

今回の実験で蚊に対する忌避作用が認められた精油

レモングラス、シトロネラ

その他の虫よけに利用できる精油

クローブ、サイプレス、サンダルウッド、シダーウッド、ジュニパー・ベリー、スペアミント、ゼラニウム、タイム、ティートリー、バジル、パチュリ、ベルガモット、ユーカリ、ラベンダー、レモン

蚊よけ・虫よけスプレーの作り方

それでは、蚊よけ・虫よけスプレーを作りましょう。

精油は上でご紹介した「虫よけ効果のある精油」から、お好きなものを選んで配合してください。

肌に使用する場合、AEAJでは1%未満での配合が推奨されています。ボディ用なら、一般的に2%でのレシピも多いです。

いずれにしても今回の実験結果を基にすると、ボディスプレー用には「レモングラス」がお勧め精油になります。

作り方(共通)

1 ビーカーなどの容器に無水エタノールを入れ、精油を加えてよく混ぜます。
2 精製水を加え、よく混ぜます。
3 消毒した保存容器に移し替えます。
使用前によく振りましょう。
1か月程度で使い切るようにしましょう。
無水エタノールP 500ml

無水エタノールP 500ml

「無水エタノールP 500ml」は、エタノール(C2H6O)99.5vol%を含有しています。

ボディスプレー <材料>

精油 10(1%)~20滴(2%)
無水エタノール 5ml
精製水 45ml

肌に使用する場合、AEAJでは1%未満での配合が推奨されていますので、まずは1%から作ってみてください。

網戸用虫よけスプレー <材料>

精油 20滴
無水エタノール 25ml
精製水 25ml

ルームスプレー <材料>

精油 20滴
無水エタノール 5ml
精製水 45ml

キッチンスプレー <材料>

精油 20滴
無水エタノール 40ml
精製水 10ml

手作りアロマは、自分の好きな香りをブレンドすることもできるし、自分で作るという作業自体が楽しいものですよね。

材料も精油以外は「無水エタノール」や「精製水」だけ。これらは薬局で売っていますので、手頃に入手することができます。

スプレー以外の利用方法

アロマライトやアロマディフューザーを使う

部屋で利用するなら、わざわざスプレーを作らなくても、アロマライトやディフューザーにこれらの精油を使い、部屋に香らせて利用することもできます。

最近は様々なタイプのアロマディフューザーがあるので、使い勝手に合わせて1つ持っているととても便利です。

キャンドルを使う

屋外で利用するときには、キャンドルを利用するのが便利かもしれません。

手軽な使用方法は以下の通りです。

1 キャンドルに火をつけてロウが溶けるのを待つ。
2 一旦火を消す。
3 シトロネラなどの精油を垂らす。
4 ロウが固まるのを待つ。
5 再び火を着ける。

長時間になると点けたり消したりするのも大変かもしれません。
その場合には、お手頃価格の虫よけアロマキャンドルも販売されていますので、こちらもおすすめです。

シトロネラカップ20時間タイプ A8690500

シトロネラカップ

虫が嫌うといわれるシトロネラの香りのキャンドル夏の野外レジャーなどでの虫除けとして必需品です。

Share

Follow

蚊よけ効果が実験で確認!虫よけアロマスプレーの作り方
このTOPICをお届けした「イロイロモノコト」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る