「たけしの健康エンターテインメント!」 認知症予防実績があるアロマオイル | イロイロモノコト

「たけしの健康エンターテインメント!」 脳の若返りが期待できる、認知症予防実績があるアロマオイル

Share

精油「『たけしの健康エンターテインメント! みんなの家庭の医学』~名医が診断 若返り&長生きできる!3つの悩み解決 スペシャル」で紹介された、認知症予防実績があるというアロマブレンド。

少し前に放送された番組ですが、当時これを見た母が「作って!」とレシピメモを手渡すのです。

見てみると、身近な精油ばかりのブレンドだったので、大事な精油の棚を開いてレシピ通りにドロッパーに入れて渡しました。

その番組では、アロマペンダントも紹介されていたそうで、母がとても興味深そうに話していました。その顔を見てしまってはプレゼントするしかないな、とネットで調べてみると、どこも売り切れ!完売御礼!!

「テレビの影響はすごいな~」と驚いたのを覚えています。
私は植物が大好きで、日常的にハーブを育てたり精油を利用したり、その手の資格を取得したり独学で勉強したりしているのですが、母のテレビの話には私自身も興味を持ったので、録画されていたのを見てみました。

香りの力にはこれまでも色々驚かされてきたのですが、これまた大変興味深い…。
少しまとめてみました。

脳の若返り「ある匂いを嗅ぐと脳の若返りが期待できる!」

鳥取大学医学部の浦上克哉さんは30年以上、認知症の臨床と研究を続ける名医。

人の脳には記憶をつかさどる海馬という部位があり、認知症を発症するとかつてはまず海馬がダメージを受けると考えられていました。

しかし最近、海馬と直接つながっている「嗅神経がまず始めにダメージを受ける」ことが分かってきました。そして、このダメージが次第に海馬に伝わっていき記憶の機能を破壊しながら、そのほかの部位にも広がり悪化するらしいのです

浦上医師は、この嗅神経に認知症予防のカギが隠されていると考えました。

嗅神経はもともと、他の神経に比べて再生能力が高い神経です。何らかの香りで嗅神経を刺激することで、その機能を再生させさらにそこに繋がった海馬も活性化させ認知症を予防・改善できるのではと考えたのです。

そして10年前、鳥取県琴浦町で「認知症予防プラグラム」を開始。認知症予備軍だったお年寄りたちの認知機能を改善し、認知症の発症を防ぐなど劇的な効果をあげてきました。

浦上医師は、数ある香りの中からどんなものが嗅神経に良いのかを分析。その香りを実際のアルツハイマー型認知症の患者さんに嗅いでもらい、ついに脳の若返りが期待できる“ある香り”にたどり着いたです。

さらに、少し物忘れのある正常レベルの人にもアロマ療法を実施。

するとやはり認知機能が改善し、正常範囲の人の脳でも若返る可能性があることが判明した。

香りには昼と夜にそれぞれ効果的な精油があり、昼は精油をペンダントに仕込み、夜はディフーザーを使用して芳香浴を行っていました。1週間後、家事がスムーズにできるようになったという結果もあり、認知機能を検査してみても大幅に改善して認知症予備軍を脱してしまったのです。

その “ある香り” とは…

昼のブレンドは、ローズマリー2滴とレモン1滴。集中力を高め記憶力を強化する刺激的な作用。

夜のブレンドは、ラベンダー2滴とオレンジ1滴。心や身体への鎮静作用。

香りの楽しみ方は、午前中2時間以上、夜は就寝1時間前から2時間以上嗅ぎます。

ペンダントやディフューザーにこだわる必要はありませんが、今では便利なセットも用意されています。
テレビが放送された直後は、精油も、アロマメンダントも完売ばかりだったのですが、これは便利ですね。

ここでご紹介するのは、すべてオーガニック精油のブレンド

アロマオイルの使用方法

香りの健康法として注目を集めるアロマセラピーを、日常生活のなかで活用してみてください。

芳香浴

リラックスまたはリフレッシュしたいとき、嫌なにおいを消したいときなどに、手軽に簡単に取り入れられる方法です。
畳1畳に対して約1滴程度を限度にお使いください。

●電気ディフューザーで
ディフューザーに、エッセンシャルオイルを数滴(6~8畳の部屋で3~5滴)落とします。
電気による振動で芳香成分が空気中に拡散されます。
●アロマランプで
アロマランプは、皿に直接エッセンシャルオイルを1~5滴落とし、電球の熱で加熱し、香らせます。
●マグカップや洗面器で
マグカップなどの容器に熱めのお湯(60~80℃)を入れ、エッセンシャルオイルを1、2滴落とします。
(容器に香が残るので、専用に使用することをおすすめします)
●ハンカチやティッシュで
ティッシュペーパーなどにエッセンシャルオイルを1、2滴落とし、香りを楽しみます。外出時などにおすすめです。
(エッセンシャルオイルが直接肌に触れないように気をつけてください。ハンカチはシミがつくことがあります)
●エアコンの通風口に
ティッシュペーパーなどにエッセンシャルオイルを1、2滴落とし、エアコンの通風口にはさんでおくと、お部屋の空気の浄化に役立ちます。

アロマバス

入浴時、お好みの天然アロマの香りをお楽しみください。

あらかじめ精油を、大さじ1の天然塩、牛乳、ハチミツなどに2~3滴をブレンドしてお使いください。
(精油はお湯に直接いれると、表面に浮いてしまいますのでご注意ください。)

フェイシャルスチーム

お肌の毛穴を開き、洗顔では落としきれない汚れや老廃物を取り除きます。

1.洗面器に熱めのお湯をはり、エッセンシャルオイルを1~3滴落とします。
2.洗顔後、蒸気が逃げないように頭からバスタオルをかぶり、目を閉じて、5~10分程度 蒸気を顔にあて、吸い込みます。
3.最後に水でお肌を引き締めます。

・スキンケアにおすすめのエッセンシャルオイル ・・・ ローズ、ローズウッド、ネロリ等

アロマ湿布

温・冷湿布の際、お好みのアロマでタオルに香りをプラスして気持ちよくセルフケアして見ましょう。

1.洗面器にお湯または冷水を入れ、エッセンシャルオイルを1~3滴落とし、かき混ぜず、 落としたオイルをすくうようにタオルを浸して軽くしぼります。
2.エッセンシャルオイルをすくった面は、内側にたたんで使用しましょう。
(湿布は皮膚に長く密着しますので、使用する精油の量などにご注意ください)

・温湿布 ・・・ 疲れ目、肩こり、腰痛等
・冷湿布 ・・・ 筋肉痛や日焼け、熱冷まし等

アロママッサージ(トリートメント)

エッセンシャルオイルをキャリアオイルで希釈し、マッサージオイルとして顔や体をやさしく トリートメントします。マッサージすることで芳香成分がじっくりと浸透し、心を体をやさしくほぐします。

昼は、ローズマリーとレモンのシャープでさわやかな香り。
夜は、ラベンダーとオレンジの落ち着きある優しい香りです。

Share

Follow

「たけしの健康エンターテインメント!」 脳の若返りが期待できる、認知症予防実績があるアロマオイル
このTOPICをお届けした「イロイロモノコト」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る