ホームベーカリーで高加水パン 「パンドミ」 | イロイロモノコト

ホームベーカリーで高加水パン 「パンドミ」

Share

高加水パン パンドミ

ホームベーカリーが私より優秀なので、パンを焼くときはもうほとんど任せている。

ホームベーカリーのレシピ本は随分色々参考にしてきたが、この『ホームベーカリーでつくるシニフィアン シニフィエの高加水パン&ドイツパン』がここ数年ずっと、一番のお気に入り。

今回焼いたのは、この本のレシピ「パンドミ」にオレンジピールとチョコを加えたもの。

もともと、オレンジピールとチョコのパンが大好きなのだが、残念なことになかなか売っていない。

3年位前まで、お気に入りのパン屋に週2回だけ売っていて、出かける前に電話で取り置きをしてもらっては買いに通っていたが、あまり人気がないのかある時販売をやめてしまった。

それでもあのパンが食べたくて、試行錯誤し同じようなパンを作ろうと努力してみたのだが、これがなかなかうまくいかない。何かが違う。

しかしこの『ホームベーカリーでつくるシニフィアン シニフィエの高加水パン&ドイツパン』に出会い、美味しそうなパンを順番に焼いていくうち、「パンドミ」の食感があの大好きだったオレンジピールとチョコのパンに似ていると思い、このレシピをベースに作ってみた。

高加水パン パンドミ

焼いてみて、私は感動した。
「これだー!!」

そう、あの時のパンにとてもよく似たものができたのだ!

そしてその後は、チョコレートの旅が始まった(笑)。

だいたい熱に強いチョコチップなんて、そんなに種類が多いわけではないから選択の余地はそれほどない。甘さが強いし香りがない…。

そこからの紆余曲折は長くなるから割愛するが(笑)、結局たどり着いた先は、熱に強いチョコチップと、ヴァローナのマンジャリを半分ずつ…いや、マンジャリをやや多めに使うことだった。

マンジャリは熱で溶けるが気にしない。

マンジャリはとにかく、オレンジピールによく合う!
「チョコレートって、他の材料とこんなにも相性があるのか!」と唸ったものです。

翌日以降に食べるものは、厚めにスライスして冷凍保存。焼いて食べても、表面サクサクでおいしいし、室温で解凍してそのまま食べてもしっとり感があってやはりおいしい。

高加水パン パンドミ

はしっこは、四角く切って焼いたその日にムシャムシャ。

ミミはサクサクで美味しいし、オレンジピールの香りとマンジャリのハーモニーがホントおいしい。

基本はパンドミのレシピで。
チョコレートが溶けるのでバターを抜いて、オレンジピール50g、チョコレート50gを後入れ(パナソニックのホームベーカリーの場合は「レーズン・あり♪」)で加えています。
チョコレートは、マンジャリが30g、チョコチップが20g。

Share

Follow

ホームベーカリーで高加水パン 「パンドミ」
このTOPICをお届けした「イロイロモノコト」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る