小林麻央さんから沢山のことを学びました。ご冥福よりも感謝を。 | イロイロモノコト

小林麻央さんから沢山のことを学びました。ご冥福よりも感謝を。

Share

今日の午後、市川海老蔵さんが会見を開き「麻央が旅立ちました」と報告されました。

わたしは海老蔵さんのブログを、小林麻央さんのご病気を発表された頃から拝見するようになり、全く遠い人なのに親戚のような気持ちになって応援していました。麗禾ちゃんや勸玄くんも可愛くてたまらない気持ちに。

麻央さんがブログを開設されたときには、始めは苦しくて読むことができませんでした。

わたしは麻央さんのような重い病ではありませんでしたが、長い間闘病しました。何度も死を意識した経験があります。自分が死と向き合ったとき、家族に対してどのような気持ちになるのか、病への様々な思いも、わたしなりにですが少し想像できる部分があります。

しかし闘病していた時の長く辛い気持ちをまだ自分のなかで昇華しきれず、心と体の疲労も癒しきれていない部分があるため、どうしても当時の気持ちが思い起こされて読めずにいたのです。

それでも、麻央さんを応援したいという思いと同時に、そんな弱い自分を変えるためにも「目を背けず読まなくてはいけない」という気持ちがずっと心にあって、何日か過ぎてから拝見するようになりました。

その中で、感じたことは沢山あります。
おそらくほとんどの読者がそうであったように、わたしも奇跡を願い祈っていました。
麻央さんのブログが更新されるとホッとしたり、海老蔵さんが遠征から帰宅されてご家族が一緒だと思うと安心したり。
ネット上で彼女を批判する心ない言葉を見て、悲しい気持ちになったことも。

死や癌は決して他人事ではないし、誰もが家族を送り、自分も旅立っていくわけですから、多くの人が感情移入して様々な気持ちでブログの更新を見ていたのだと思います。

「なぜこんなに心の美しい人が」

と思いますが、心の美しさも、貧富も関係なく、病は襲ってきます。全く当然のことですが、その現実を改めて受け入れざるを得ない気持ちにもなりました。

そして、それを支える海老蔵さんの顔がどんどん変わっていく様子も凄かった。舞台を務めながら毎日毎日100%、あるいはそれ以上に努力する姿は、言葉通り「鬼気迫る」ものがありました。毎日明るく更新されていましたが、心中いかばかりかと察すると--いやわたしには察することなんてできませんが、本当に大変な日々だったことと思います。

始めは苦しくてブログを読むことさえできなかった弱いわたしが、今では色々な覚悟をすることができるようになり、1日1日の大切さを痛感しています。こうして感謝を伝えたくてブログを更新できるのも、わたしにとっては大きな変化。以前なら落ち込んでこんな小さな1歩でさえ踏み出すこともできなかったと思います。「ブログ程度で大げさな」という感じもしますが、本当に弱かったのです。

わたし一人だけでも、こんなに影響を受けたくさんのことを学ばせて頂いたのですから、麻央さんがブログを開設した影響は、計り知れないと思っています。わたしは彼女に対し、とても感謝の気持ちがあります。

最期の言葉は「愛している」だったそうですね。
海老蔵さんが麻央さんから学ぶことは愛だと仰っていましたが、最期の言葉も、いかにも小林麻央さんらしい言葉です。

海老蔵さんと麻央さんは、「来世も来来世もいっしょになろうね」と約束されているそうですから、きっと、いずれ海老蔵さんがあの世に還っても、そしてまた生まれ変わっても、共におられるのでしょう。

わたしが見ていたテレビ番組では、彼女に対し「観音様のようだった」「聖母のようだった」という形容がありました。

そんな女性ですから、わたしのような者がご冥福を祈るまでもなく、まっすぐ天国への道が用意されていることでしょう。

だから、わたしが言いたい言葉は「ありがとうございました」という感謝の気持ちです。
小林麻央さん。ほんとうに、ありがとうございました。

Share

Follow

小林麻央さんから沢山のことを学びました。ご冥福よりも感謝を。
このTOPICをお届けした「イロイロモノコト」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る