創業明治30年、紀州梅干の老舗「紀州梅の里なかた」 | イロイロモノコト

創業明治30年、紀州梅干の老舗「紀州梅の里なかた」

Share

創業明治30年で紀州梅干の老舗、「紀州梅の里なかた」から、とってもおいしい梅干しをご紹介します。

「紀州梅の里なかた」には、ロングセラー商品「梅干し田舎漬け」や、大人気商品の「しらら」など、本場の紀州産南高梅を使用した美味しい梅干しがあります。

ほかにも、産地でしか手に入らないこだわりの梅酒や梅関連商品など魅力的な商品が揃っているのですが、今回はその中でも個人的に大好きな「しらら」をご紹介しますね。

「しらら」は塩分5%のうす塩

口に入れるとほんのり甘く、食べるにつれて梅干しらしい酸味が出てくるのが「しらら」の魅力。

その秘密は、なんと塩分5%のうす塩味に仕上げているから。
甘さと酸っぱさが絶妙で、大粒で、皮が柔らかくて、ふっくらしていてジューシー!


とにかく美味しくて、一粒でファンになりました。

老舗ならではのこだわり製法

「紀州梅の里なかた」は、梅の本場紀州で明治30年創業しています。

梅干しは、紀州産南高梅の完熟果実を使って、紀州に伝承される技と独自の技術で作られているそうです。

とろけるような食感の梅干し。
ぜひ一度試してみて欲しい美味しさです。

梅干しには様々な効果があることが知られていますが、わたし自身もなんだか胃腸の調子がよくなるような感じがして、1日一粒の「しらら」を食べるのが習慣になっています。

フルーティーでおいしいから、健康のためだけではなく、とても嬉しい習慣です。

Share

Follow

創業明治30年、紀州梅干の老舗「紀州梅の里なかた」
このTOPICをお届けした「イロイロモノコト」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る